私という普通なる存在。そして猫

社会の多数を構成するにもかかわらず誰からも注目されない「普通」という透明で匿名の存在。私のような普通人が持つ文化と物語性はどんなだろうか。学者先生たちの大所高所からの分析ではなく、普通人たる私自身による蟻の目から見た世界。