私という普通なる存在。そして猫

社会の多数を構成するにもかかわらず誰からも注目されない「普通」という透明で匿名の存在。私のような普通人が持つ文化と物語性はどんなだろうか。学者先生たちの大所高所からの分析ではなく、普通人たる私自身による蟻の目から見た世界。

2017-04-16から1日間の記事一覧

幸福であるためにはツライ道を歩く覚悟が必要なのか??

岸見一郎『幸福の哲学』 自己啓発本を手に取る理由 尊厳と快適さと幸福感 岸見一郎『幸福の哲学』 今回読んだのは、アドラー心理学で話題の岸見一郎氏の著作である。 幸福の哲学 アドラー×古代ギリシアの智恵 (講談社現代新書) 作者: 岸見一郎 出版社/メーカ…